夏まき、春まきができる適応性の広い高品質早生品種

【ブロッコリー】 ピクセル (サカタのタネ) ペレット100粒

価格: ¥500 (税込 ¥550)
[ポイント還元 5ポイント~]
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

特性
1. 播種後90日前後で収穫できる早生品種です。
2. 草勢は中程度、草姿もやや立性でバランスよく、べと病、黒腐病にも強く栽培管理しやすいです。
3. 花蕾は大型の豊円形でしまりよく、小粒・濃緑色で日もちもよいです。
4. 収穫期はよくそろい、一斉収穫にも向きます。
5. 茎の空洞は発生しにくく、やわらかく切りやすいです。
6. 収穫適応性が広く、温暖地秋どり・初夏どりほか、寒冷地夏どり・初秋どりにも向きます。
適作型とその生かし方
栽培の適作型は広く、温暖地の夏まき秋どり、春まき初夏どり、寒冷地や北海道の春~夏まきの夏から秋どりに適します。温暖地夏まきでは、7月中旬から8月中旬ごろまで播種でき、産地として最初に出荷する高品質ブロッコリーとしては最適です。ただし、極端な遅まきは、アントシアンの発生が見られるので注意が必要です。一方春まきでは、トンネルをかければ1月上旬から播種し、連休前の4月中旬ごろから濃緑花蕾を収穫することができます。露地栽培では2月下旬~3月上旬まき・5月下旬~6月中旬が収穫適期となります。ただし、極端な早まきはボトニングの危険性があるので注意します。また日もちがよいため、高温期における収穫後の品質低下が少ないです。 寒冷地では、標高差などを利用して3月中旬~7月中旬まで播種できます。とくに花蕾のしまりがよいため、生育後半が低温になる10月でも高品質花蕾が収穫できます。ただし、気温が上昇する8月どりでは高温障害が出る場合があるので、慎重に播種期と栽培地域を選ぶ必要があります。
栽培のポイント
・ 品種特性上低温期もしくは高温期での定植となるので、そのストレスに耐えられるよう、健全な苗の育成を心がけます。
・ とくに春まき栽培では、老化苗や大苗はボトニングの原因となるので若苗定植を励行します。
・ 高温、乾燥条件が重なると花蕾に高温障害が出る場合があるので、灌水をするなど極端な乾燥をさけるようにします。
・ 晩秋どり栽培では、低温による花蕾のアントシアンがみられる場合があるので生育後半も肥料を切らさないようにします。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ